成立「改正産業競争力強化法」(脱炭素化に最大10%の税軽減)★TF会員以外の方にも公開中★

2021年6月9日「改正産業競争力強化法」が、参議院本会議で可決、成立した。

企業が、「脱炭素化効果が高い製品の生産設備(※1)」や「生産工程等の脱炭素化を進める設備(※2)」などの「脱炭素化」につながる設備を導入する場合、投資額の最大10%が法人税から軽減される。

※1:脱炭素効果が高い製品の設備:化合物パワー半導体、燃料電池、電気自動車等向けリチウムイオン蓄電池、洋上風力発電設備の主要専用部品の生産設備

※2:生産工程等の脱炭素化を進める設備の投資促進:事業所等の炭素生産性(付加価値額/エネルギー起源CO2排出量)を向上させる計画に必要となる設備の導入

そのほか、デジタル化に向けた企業の投資を後押しすること、株主総会をオンラインだけの形式で開催できるようにすることも盛り込まれている。

●【概要】産業競争力強化法等の一部を改正する等の法律案の概要.pdf

スケジュール

【公布】2021年6月16日
【施行】2021年6月17日

出典

○経済産業省 >「産業競争力強化法等の一部を改正する等の法律案」が閣議決定されました/2021年2月5日

○経済産業省 >「産業競争力強化法等の一部を改正する等の法律の一部の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令及び産業競争力強化法等の一部を改正する等の法律の一部の施行期日を定める政令が閣議決定されました」/2021年6月11日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする