20年以内に気温1.5℃上昇「IPCC第6次評価報告書第Ⅰ作業部会報告書(自然科学的根拠)」の公表

報告書・統計等
  2021年8月9日、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、地球温暖化の科学的根拠をまとめた作業部会の報告書の最新版(IPCC第6次評価報告書(AR6))を公表した。 人間の影響が大気、海洋及び陸域を温暖化させてきたことには疑う余地がなく、世界平均気温は、本報告書で考慮した全ての排出シナリオにおいて、少なくとも今世 紀半ばまでは上昇を続ける。 向こう数十年の間に二酸化炭素及びその

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました