公表「2019年度の温室効果ガス排出量(確報値)」(6年連続減少)

報告書・統計等
  環境省と国立環境研究所が「2019年度の我が国の温室効果ガス排出量(確報値)」を公表した。 2019年度の温室効果ガスの総排出量は、12憶1,200万トン(CO2換算)で、2018年度比では、2.9%(3,600万トン)減となり、2014年度以降6年連続で減少しており、2030年度に2013年度比で26%削減するとの中期目標に対して、今のペースが続けば達成できる見込み。 減少要因とし

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました