騒音規制法・振動規制法に基づく特定施設の見直し(検討会の開催)

審議会等
  騒音規制法に基づく「空気圧縮機」・振動規制法に基づく「圧縮機」に係る規制対象の見直しの検討が開始された。   「コンプレッサー」※1 のうち原動機の定格出力が一定以上のものについては、騒音規制法及び振動規制法において「特定施設」※2 として規制対象となっている。 同機器については、地方公共団体が受けている騒音規制法の特定施設に対する苦情のうち約3~4割、振動規制法の特定施設

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました