公布「省エネ法施行規則・工場等判断基準の改正」(石炭火力関連)

  2021年6月30日、「エネルギーの使用の合理化等に関する法律施行規則(省エネ法施行規則)」及び「工場等におけるエネルギーの使用の合理化に関する事業者の判断の基準(工場等判断基準)」が改正され、公布された。   現状「石炭火力」による発電量は、全体の32%(うち、非効率石炭火力16%)を占めており、2030年に向けて非効率石炭火力のフェードアウト(kWh削減)及び石炭火力の

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする