公布・施行「一般高圧ガス保安規則の一部を改正する省令等」(第二種製造者の圧縮水素スタンドに関する防火壁の設置等の不要化)

  2019年12月20日「一般高圧ガス保安規則の一部を改正する省令」が公布された。 圧縮水素スタンド に関する規制のうち、安全上問題がないことが確認できた項目 について、過大な基準の見直しを行うため関連省令を改めるもの。 具体的には、処理能力30㎥以上である第二種製造者の圧縮水素スタンドに係る技術上の基準を、貯蔵能力に応じた適切な基準となるよう見直しを行い、貯蔵能力300㎥未満の場合に

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする